ホーム 安全・医療情報 安全に暮らす 緊急時の情報入手(在留届、メルマガ、拠点公寓&オフィス、他(2019年度)

緊急時の情報入手(在留届、メルマガ、拠点公寓&オフィス、他(2019年度)

30

1   在留届
 外国に住居又は居所を定めて3ヶ月以上滞在する人は、旅券法第16条により、その地を管轄する日本大使館、総領事館に在留届を提出するよう義務付けられています。在留届は海外で事件・事故等が発生した際に、皆様の所在地や緊急連絡先を確認し援護活動を行う大切な資料です。
住所又は居所が決まりましたら、速やかに在中国日本国大使館領事部に在留届を提出して下さい。また、住所等の記載事項に変更(在留届記載事項変更届)が生じたり、帰国等により当館管轄から異動される場合(帰国・管轄外転出届)も、必ず届け出を提出しなければいけません。
提出は、在中国日本国大使館領事部へ持参、郵送、FAX等で行えますが、インターネットによる登録(http://www.ezairyu.mofa.go.jp/)も行えます。インターネットで登録した方は、記載事項の変更やご帰国の際の転出届もインターネットで行うことが可能となりますので大変便利です。

2   在中国日本国大使館の在留邦人向けメールマガジン
登録すると、大気汚染、鳥インフルエンザ等の最新“生活安全”情報のメール配信を受けることが出来ます。重要な内容のメールマガジンは、中国日本商会や北京日本人会のメルマガでも転送してお届けしますが、タイムラグ無く情報を入手することが重要ですので、是非、登録(https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cgi-bin/cmd/index.cgi?emb=cn)して下さい。

3   北京日本倶楽部の会員向けメールマガジン
既にご存知の如く、北京日本倶楽部では会員向けにマールマガジンの発行を行っています。入会頂いた際にご記入頂いたEメールアドレスに送信致します。変更される場合は、事務局のEメールアドレス(jab@postbj.net)までご連絡下さい。発行は不定期です。緊急連絡網としても使用しますので、是非、登録して下さい。

4   拠点公寓&オフィス他
非常事態が発生し、電話やメールが使用出来なくなった場合、下記の場所(=日本人の入居及び出入りの多い場所)に大使館からの緊急連絡を掲示し、また、緊急な邦人の国外退去等の事態発生の場合、その集合拠点(≒空港へ邦人を送る大使館チャーターバスの乗車場所)になります。北京日本倶楽部(生活環境委員会)として半年に一度、掲示物の掲示場所、連絡窓口(電話、担当者)、日本人世帯数等の情報をアップデートし、在中国日本国大使館領事部(北京邦人安全対策連絡協議会)、中国日本商会と情報を共有して、非常事態発生に備えています。

No 公寓・飯店名 住所(北京市) 貼り紙の掲示場所・担当者
1 三全公寓

麦子店街38号

地下(B2)スーパー掲示板に掲示
重要掲示物は各棟エレベータルームにも掲示
2 龍宝大廈

麦子店街35号

公寓エレベーター前
3 長富宮公寓 長富宮飯店

朝陽区建国門外大街甲26号

公寓玄関掲示板、ホテル1階ロビー、弁公楼1階ロビー
4 光明公寓

亮馬橋路42号

公寓フロント掲示板
5 龍頭公寓

南新園西路5号

公寓フロント
6 酒仙公寓

酒仙橋路2号

A棟、B棟各ロビー
7 麗都公寓

将台路6号

(現在掲示板なし)
8 北京発展大厦

東三環北路5号

1階ロビー、及びエレベーターホール
非常時のみ掲示物の掲示が可能
(通常は掲示しない)


5   重要WEBサイト

以下のWEBサイトから各種の安全情報、及び一般生活情報が入手出来ますので、活用して下さい。
(1)在中国日本国大使館(https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
(2)北京日本倶楽部(http://www.nihonjinkai.org.cn/
(3)外務省海外安全ホームページ(https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
(4)中国日本商会(http://cjcci.org/
(5)Searchina/サーチナ(http://www.searchina.net/
(6)北京市PM2.5濃度及び大気汚染指数(http://www.86kongqi.com/city/beijing.html