ホーム 北京日本倶楽部について 2017年度会長ご挨拶

2017年度会長ご挨拶

915

北京日本倶楽部会員皆さま

こんにちは。
この度、増井前会長からバトンを引き継ぎ、2017年度北京日本倶楽部会長を拝命した江利川です。記念すべき日中国交正常化45周年の節目の年に、会員皆さまとともに、北京日本倶楽部の様々な活動に会長として参画できることは大変名誉なことであり、また大いに楽しみにしています。
ご記憶の方もおられるかと思いますが、私は2013年度にも北京日本倶楽部の前身「北京日本人会」の会長を拝命しましたので、今回は2度目の会長就任となります。前回の就任時には、当時の会員皆さまと共に、北京日本人会の改革を打ち出し、多くの新たな取り組みをスタートさせました。その後過去4年間、歴代会長始め会員皆さまによるご尽力、そして在中国日本国大使館、中国日本商会、北京日本人学校等、関係する多くの皆さまのご支援を得て、『楽しい』、『ためになる』、『頼りになる』を合言葉に、既存イベントの活性化や「故郷自慢歌合戦」等新たなプラグラムの充実など、北京日本倶楽部の活動は着実に進化を遂げてきました。2度目の会長職を拝命することは過去あまり例のないことかとは思いますが、前回の経験を活かし、2度目だからこそできる、年度当初からの積極的な活動スタート、そして更なる北京日本人コミュニティーの活性化や日中友好の促進に貢献できればと考えています。

一方、これまでの熱心な取り組みにも関わらず、会員数の伸び悩みや深刻な財政問題等、北京日本倶楽部の存続に関わる根本的な問題は解決されていません。将来にわたっての安定的かつ持続可能な運営のためには、目の前の会員数の増強と共に、構造的な改革も待ったなしの状況です。まさに、かかる時期の会長職を拝命した者として、また過去4年間、北京日本人会・北京日本倶楽部にお世話になった在留邦人の一人として、感謝の気持ちと共に、1年間、皆様の先頭に立ち、北京日本倶楽部の存続と発展に向け、粉骨砕身努力していく所存です。是非、会員皆さま、他関係諸団体の皆さまの倍旧のご協力、ご指導を宜しくお願いいたします。

最後に一つお願いです。北京日本倶楽部は会員皆さまの自由意志と善意により運営されている任意の親睦団体です。「みんなの」、「身近な」平等で開かれた倶楽部でありたいと心から願っていますので、私のことを見かけたら「会長」と呼ばず、気軽に「江利川さん」と声をかけてくださいね!宜しくお願い申し上げます。