ホーム 著者 投稿者 北京日本倶楽部

北京日本倶楽部

830 投稿 0 コメント

[講演会告知]「元Jリーガー、現サッカー指導解説者・宮澤ミシェル氏トークショー」のご案内

再度開催!限定50席! 元Jリーガー、現サッカー指導・解説者 『宮澤ミシェル氏トークショー』 テーマ:スポーツを通じての国際交流など 主催:北京日本人会 北京日本人会では、NHKのサッカーワールドカップ解説などで有名な宮澤ミシェル氏をお招きして、 トークショーを開催いたします。宮澤氏はフジタ工業(現ベルマーレ)、ジェフユナイテッド市原・千葉、 そしてJリーグで活躍された後、引退後は各地でサッカー選手やサッカーチームの育成に力を注ぎ、 近年はテレビでのサッカー解説や、サッカー以外にも子育てやモチベーションアップなど多岐に渡る 講演をされています。 また、乃木坂46の1期生として活躍した宮沢セイラさんの父親でもあり、今年は人気番組「ナカイの窓」への 親子出演がYahooニュースなどでも話題になりました。今回は、サッカーを通じて培われた様々な経験や 独自のグローバルな視点から、“スポーツを通じての国際交流”などをはじめ、幅広いテーマでのお話を 伺いたいと思います。 記 開催日時 3月2日(水)18:00~19:30 会場   発展大廈新館4階会議室 参加対象 北京日本人会会員、非会員 参加費  北京日本人会会員 無料、非会員50元(1名) 当日講演会前に北京日本人会への入会手続き可能 参加申込 北京日本人会へ電話かメールでお申込みください。 参加されるかたの御氏名、お電話番号、メールアドレスをお伝えください。 メールでお申込みのかたには返信をいたします。 しばらくたって返信が届かない方はお問い合わせください。 北京日本人会事務局 電話6527-2970 メールアドレス jab@postbj.net ☆会場の都合により定員50名様までとさせていただきます。  定員になり次第締め切りとさせていただきます。  何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。 ◎聴くと必ず元気が出る!と言われている宮澤氏の講演は日本では毎回満員の大人気! 全ての人に元気を与える宮澤氏です。皆様のご参加をお待ちしております。 ◎宮澤氏ご紹介サイト   https://www.kouenirai.com/profile/4064 【経歴】 1986年 フジタ工業(現湘南ベルマーレ)加入 1989年 天皇杯サッカー選手権準優勝 1992年 ジェフユナイテッド市原へ移籍 1993年 アジア大会日本代表候補に選出 1996年 現役引退 1998年 ワールド杯フランス大会を現地で実況解説 2002年 ワールド杯でNHKのメイン解説者として参加 2010年 ワールド杯でNHKの番組にコメンテーターとして出演 2014年 ワールド杯でNHKの番組に解説およびコメンテーターとして出演 現在は、サッカー解説だけでなく様々な分野で活躍。 【主な作品】 『「なんでシュートしないんだ」では子供は育たない』宝島社

「就業証申請プロセス変更に関する説明会」ご案内

この度、中国日本商会のほうより『就業証申請プロセス変更に関する説明会』の案内情報をいただきましたのでご案内をさせていただきます。 参加ご希望のかたは、案内に記されております、申込み方法どおりに、2月23日までに中国日本商会へファックスでお申込みください。 ※そのさいファクシミリ番号をお間違えないようにご注意ください。 宜しくお願いいたします。 『就業証申請プロセス変更に関する説明会』案内チラシはこちらから ご覧ください。 http://www.cjcci.biz/public_html/160218.pdf

Message flagged “墨絵体験教室~大熊猫(パンダ)画にチャレンジ~” ご案内

●「墨絵」というと白黒の抽象的に書かれた山水画を思い浮かべる方が多いのでは ないでしょうか。実は墨絵の世界は更に幅広く、色を取り入れた彩色豊かな絵や、 細密に描かれた作品もあります。 ●今回はそんな奥深い墨絵を、気軽に体験出来る教室を企画いたしました。 “センスないし、絵なんて描けないわ!”と言われる人、ご安心ください。 先生がしっかりご指導くださいます ●墨絵を描く際に最も大切な事は、「どう感じたか」を表現する事だと言われて います。あなたの思いを込めて紙の上に表現してみては如何でしょうか。 記 日程:  2月26日(金曜日) 時間:  第一回13:30~15:00 (13:20受付開始) 第二回15:15~16:45(15:10受付開始) 場所:  ブリッジスクール国貿校 http://bridgeschool.cn/campus.asp 住所:  北京市朝陽区光華路CBD e-Tower 9階903室 講師:  李軍先生 対象:  北京日本人会会員・非会員の皆様 ※先着10名様(各回5名様) 参加費: 北京日本人会会員 無料(会員証をお持ちください) 非会員 50元(1名) 注意点: まれに墨がつくことがありますので、汚れても大丈夫な洋服でお越しください。 申込方法:氏名、電話番号、メールアドレス、日本人会会員の方は会員番号と、 第一回目と第二回目のどちらの御希望かを北京日本人会事務局までお伝えください。 メールでお申込の方へは返信いたします。 返信がない方は必ず事務局へお問い合わせください。 申込先・お問い合わせ先: 北京日本人会事務局 tel:6527-2970 e-mail:jab@postbj.net ☆当日皆様が描かれた作品はお持ち帰りいただけます。 新聞紙等に挟むと持ち帰りやすいようです。 ☆お道具類は当方で用意させていただきますが、ご自分の筆などお持ちのかたは、 当日お持ちいただいても結構です。 講師紹介:李 軍(り ぐん)先生 大学時代に美術を専攻され、卒業後に渡日。石川県金沢で陶芸を学ばれた後、 中国に戻られてからは美術と中国語の講師をされております。

第221回北京日本人学術交流会のお知らせ‏

みなさん お世話になっています。 山口直樹@北京日本人学術交流会です。 第221回北京日本人学術交流会では、中日関係史副会長の高海寛先生に「新中国の鉄道建設に貢献した日本人たち―天水における日本人鉄道技術者の活躍と戦後日本における天水会の活動」というテーマでお話しいただきます。 今回お話しいただく、高海寛先生は長く日中関係の友好活動や研究などに関わってきた方で、1998年、「朝まで生テレビ」ではじめて日中討論を行ったときの中国側組織者でもあります。 さて、多くの日本人にとって天水とは、聞きなれない名前かもしれません。 高海寛先生は、中国日本関係史学会『続新中国に貢献した日本人』(日本僑報社2005)において「古都西安から西へ700キロ、幾重にも連なる山河を超え、天水を経て蘭州に至る列車の旅は、今では快適なものに違いない。しかし、50年前、この辺りは鉄道もなく時おりロバの鈴の音が聞こえるだけの黄土の荒野であった。今では列車が猛スピードで行きかう天蘭線の陰に秘められている日本の友人の汗と貢献を知る人は、まれであろう。」と書かれていますが、西安から蘭州にいたる甘粛省東南部の天水というところに満鉄(南満州鉄道株式会社)の鉄道技術者たち300人(家族を含めると900人)が、移り住み新中国の鉄道建設に貢献していたのでした。彼らは日本に帰国した後、「天水会」という会をつくり日中友好運動の活動をつづけました。 満鉄の中国東北部に残留した技術者たちに関しては、比較的よく知られていますが、(たとえば北京日本人学術交流会でたびたび扱ってきた満鉄中央試験所の技術者たち)天水の日本人鉄道技術者たちについては、一般にはほとんど知られずにきました。 第221回北京日本人学術交流会では、こうした知られざる鉄道技術者とその家族たちの歴史に光を当てます。(より本格的な参考文献としては、堀井弘一郎著『「満洲」から集団連行された鉄道技術者たち』(2015年)を参照。) 貴重な機会となるかと思います。 ご関心のある方の参加を心よりお待ちしています。 参加を希望され方は、5月19日(木曜)深夜までに以下のフォームにお申し込みください。 https://legacy.creativesurvey.com/reply/b61a662c68f53eec6ea9c88d66dc64 どうぞよろしくお願いいたします。 ◎第221回北京日本人学術交流会 ◎テーマ:「新中国の鉄道建設に貢献した日本人たち―天水における日本人鉄道技術者の活躍と戦後日本における天水会の活動」 ◎要旨 西安から蘭州にいたる甘粛省東南部に天水という場所がある。 多くの日本人にとっては、なじみのない名前かもしれない。 私は、中国日本関係史学会『続新中国に貢献した日本人』(日本僑報社2005)において「古都西安から西へ700キロ、幾重にも連なる山河を超え、天水を経て蘭州に至る列車の旅は、今では快適なものに違いない。しかし、50年前、この辺りは鉄道もなく時おりロバの鈴の音が聞こえるだけの黄土の荒野であった。今では列車が猛スピードで行きかう天蘭線の陰に秘められている日本の友人の汗と貢献を知る人は、まれであろう。」と書いたことがある。実は、この場所には、日本の敗戦以降、満鉄(南満州鉄道株式会社)の日本人鉄道技術者たちが、300人近く移住し、新中国の鉄道建設に貢献していた。帰国後、鉄道技術者たちとその家族は、「天水会」をつくり日中友好の活動を続けていた。これらの歴史は、中国東北部に残留した技術者にくらべても一般にはほとんど知られていない。 私が、「天水会」の人々にあったのは、1980年代、日本の中国大使館で仕事をしていた時であった。私がその「天水会」に出会う経緯も含め、天水に移住した鉄道技術者たちのこと、また帰国後につくられた「天水会」の活動などについて私なりに具体的に語りたいと考えている。知られざる日中関係史を考えることによって日中関係を改めて考えていただければ、幸いである。 ◎報告者:高海寛氏(中日関係史学会副会長) プロ―フィール(中国語) 現在71歳 原籍 吉林省 1970年 北京外国語学院日本語卒業(現北京外国語大学) 在中国日本友好協会,从事中日民間交流工作 1985年後、在中国駐日本大使館工作,任二秘、一秘 从事民間与学術交流工作 1990年后,在中国国際友好連絡会工作,歴任理事、副秘書長, 和平与発展研究中心副主任、主任 2004年后,在中国国際友人研究会工作,任副秘書長, 从事対日本民間?交流工作 1984年始,歴任中国中日関係史学会会員、理事、常務理事、副会長 現兼任   中華日本学会常務理事 中日友好在協会理事 ◎日時:2016年5月21日(土曜)午後3時開場、午後3時半開始予定、報告後質疑応答などふくめ午後8時には終了の予定。 ◎場所:亮馬橋幸福ビルB座中華料理店京味菜の一室(くわしくは参加申し込みしてくださった方にお知らせします。) ◎参加費:運営費、資料代、食事代など 飲み物や中華料理が用意されます。社会人(企業派遣留学生含む):200元、学生100元 ◎言語:主に日本語(時に中国語)

2016年春季 CRI アナウンサー、記者による第5回中国語講座

★2016年春季 CRI(中国国际广播电台 “China Radio Intenational”)アナウンサー、記者による第5回中国語講座★ <概要> 北京日本倶楽部(旧称北京日本人会)では、2014年春からCRIのご協力を得て本講座を開始(毎年春季と秋季、2015年春季は無し)。 先生を務めるのは美貌で日本語の堪能な女性アナウンサーや記者さんたち。 和やかな雰囲気の下で楽しく中国語を学べると共に、社会人同士で一緒に学ぶ交流の場として好評を得ています。 本講座を通じ、中国への関心と理解を深めて頂ければ幸いです。 ※昨年秋の講座の様子(場所は今回と異なります) 日時:5/26、6/2、6/16,23,30(毎週木曜日全5回、6/9は端午節でお休み)、午後7時10分から8時40-45分 (合計90分、途中5分程度の休憩いれる場合有り) 場所:長富宮公寓(オフィス棟ではありません)北側のアネックス 説吧!(ショーバ)中国語センター内 会議室 ※今回は前期(5回)、後期(5回,7/7からの予定)に分けて募集致します。前期は初中級者、後期は中級以上とします。 レベルの目安:初中級…HSK3級(スコア240前後)、中国語検定4級程度。中国滞在歴1年半未満など。 中級以上…HSK4級(スコア240前後)以上、中国語検定3級以上。中国滞在歴1年半以上など。 後期については後日改めて募集を行います。レベル感がよくわからない場合は、ご自身で適当にご判断お願いします。 費用   :200元/5回 参加要件:北京日本倶楽部会員であること (非会員の場合は、事務局及びサテライトオフィスにて入会手続きをお済ませ下さい) 定員   :前期、後期共に8名ずつ(定員になり次第締め切り致します) 内容   :前期はピンインの練習と関連する語句の練習、後期は中国でのタイムリーな話題を取り上げ、サロン形式の軽い討論を行う予定です。 受講生のレベル状況によって、適宜修正します。 使用言語:日本語と中国語 <お申込み方法> 以下のメールアドレスへ、①会員番号、②お名前、③所属会社名、④ご連絡先(メールと携帯電話番号)をお伝え下さい。 なお、非会員の場合はその旨をお伝え下さい。 北京日本倶楽部事務局 e-mail: jab@postbj.net 事務局からの返信を持って受付完了となります。返信がない場合、お電話でご確認ください。 電話:(010)6527-2970 営業時間:月曜~金曜 9:00~17:00 <CRIについて> CRI(中国国際广播電台、所在地:北京市石景山路)は、日中戦争さなかの1940年12月30日に放送を開始(当時は延安新華广播电台)。 その後、国共内戦、新中国成立(1949年10月1日)、文化大革命とその終結(1966-1976)、改革開放、そして現在に至るまで、 現代中国と歩みを共にして来ました。 現在は中国語(普通話と4つの方言)と、日本語を含む38の外国語を用いて、北京から約200ヶ国に向けて放送しています。 公式Webサイト(日本語) http://japanese.cri.cn/ 中国語   http://www.cri.cn/index.html?lang=zh-CN

第27回北京日本倶楽部ゴルフ大会賞品ご協賛のお願い

第27回北京日本倶楽部ゴルフ大会賞品ご協賛のお願い 各位 拝啓、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 また、平素より北京日本倶楽部運営に関しまして、多大なるご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、別にご案内差し上げおりますとおり今年も恒例の北京日本倶楽部ゴルフ大会開催を予定しております。 この北京日本倶楽部ゴルフ大会は今年で27回目を数えます。お蔭様をもちまして、毎年100名以上の会員の方々に ご参加いただき、多くの会員の方々から「今年も楽しみにしています」というお声を頂戴する大きなイベントとなっております。 かねてより、このゴルフ大会は多くの企業、団体の皆様からの賞品ご協賛をはじめとしたご理解、ご協力を賜りながら運営してまいりました。 改めてこれまでのご理解、ご協力に御礼申し上げますとともに、併せまして今年度につきましても、参加の皆様に大会をより楽しんでいただくため、 賞品ご協賛のご協力を賜れますと幸甚に存じます。 甚だ不躾なお願いで誠に恐縮に存じますが、何卒宜しくお願い申し上げます。 敬具 北京倶楽部 電話 65272970 メールアドレス jab@postbj.net ◎ 第27回北京日本倶楽部ゴルフ大会 協賛品・協賛金明細書はこちらをダウンロードしてご利用下さい。 http://www.nihonjinkai.org.cn/2016/docx/20160513golf_kyosan.doc

~~北京旅行倶楽部 番外編 一度は行きたい「川底下村」へ行きましょう!

   ~~北京旅行倶楽部 番外編! 同じ苗字の人がいっぱい住んでる「不思議村」  一度は行きたい「川底下村」へ行きましょう! ライラックも咲き終わり、いよいよ夏の到来です! 今回は「北京旅行倶楽部・番外編」としまして、川底下村への日帰り旅行のご案内です。 北京市内から約90キロ離れた場所にある川底下村は、明・清の時代の四合院の建築が70件近く、ほぼ完璧な形で残されています。もともとは、「爨底下村」という難しい地名でしたが、文化大革命の時に「簡体字促進」の一環として、簡単な地名になったそう。 北方の異民族の侵攻から北京を守るために、山西省から強制移住させられた人々が今も住んでいます。村の住民は、全員「韓」さんを名乗っています。 この歴史深い「川底下村」を、ぶら~りお散歩しましょう。詳細は以下の通りです。 ○開催日  5月28日(土)    ○観光場所   川底下村 ○ 亮馬橋 7:00頃集合   長富宮飯店  7:30頃集合 ※集合時間は亮馬橋と長富宮が逆になる可能性があります (※詳しい集合場所・集合時間は 最終のご案内にてお知らせします) ○帰り   亮馬橋または長富宮飯店(どちらでも降車出来ます) ○定員(最少催行人員) 20名様 ○参加費 会員 おとな1名様400元(予定) こども1名様(12歳以下・身長120センチ未満)150元 乳幼児のお子様(2歳以下)は無料でございます。 ★参加費には昼食代が含まれております。(村の食堂にて昼食予定) ★参加人数によって料金に変動がある場合がございます。 ★ご参加当日は、念のため パスポートをご持参ください。 ○お申込み 電話或いはメールにて日本人会事務局までお申し込みください。 受付は5/9(月)より開始します。お申込み締め切りは、5月25日(水)です。 ※定員になり次第、締め切りさせていただきます。 ★★共通のご注意事項★★ お申し込み時に 参加者氏名、北京日本倶楽部会員番号、携帯番号、メールアドレス、同伴児童のお名前、年齢、をお伺いします。受付開始日より以前のお申し込みは受付致しませんので、 ご了承ください。受付完了をお知らせする為、受付後に当日のスケジュールをメールにてお知らせいたします。 北京日本倶楽部事務局 電話番号:6527-2970 (受付時間 平日9:00~12:00 13:00~17:00) e-mail jab@postbj.net *メールでお申し込みの場合、事務局からの返信を持って受付完了となります。返信がない場合、お電話でご確認ください。 ★お申込み期間が過ぎた後のキャンセルはご遠慮いただいておりますが、やむを得ずキャンセルされる場合にはキャンセル料が発生いたしますので、ご了承くださいませ。 ★★キャンセル料につきまして キャンセル料につきましては以下の通りの規定にて 申し受けます。予めご了承くださいませ。 日帰り旅行の場合 ご出発の前々日から~ご出発日前日までのキャンセル 参加費の50% ご出発前日からご出発当日のキャンセル 参加費の100% 往復航空機または列車・宿泊を伴う旅行の場合 予約完了時からご出発の10日前までのキャンセル 参加費の25% 予約完了時からご出発の10日前までのキャンセル 参加費の50% ご出発の5日以降、前日までのキャンセル 参加費の75% ご出発前日からご出発当日のキャンセル 参加費の100%

「北京日本倶楽部の第1回北京社会人・留学生交流会」のご案内

北京日本倶楽部では、5月28日(土)夕方に、亮馬橋近くの屋外テラス付きのオシャレなイタリアン・レストランを貸し切って、第1回北京社会人・留学生交流会を開催いたします。 ◎開催内容と目的のご紹介; (1)北京在住の日本人留学生の皆さんに当地の日系企業・政府機関等の活動を紹介して今後の就職活動等に参考にしてもらうとともに、 (2)北京在住の社会人の皆さんにも、北京の大学で一生懸命に勉強に打ち込む留学生の皆さんの話を聞いて元気をつけてもらい、若い友人たちとのネットワークを拡大してもらうことを目的としたイベントです。 昨年度の社会人・留学生交流会は、第1回を11月、第2回を12月、第3回を2月に開催し、多くの社会人・留学生の皆様がご参加して、交流を楽しんでいただき、誠に有り難うございました。 今回は、4月に北京日本人会が北京日本倶楽部に生まれ変わったことに伴い、北京日本倶楽部として初めての交流会を開催したいと思います。ぜひぜひ奮ってご参加いただければ有り難く存じます。 誠に恐縮ですが、参加を希望される社会人・留学生の皆様におかれては、5月13日(金)15:00までに北京日本倶楽部事務局の平岡・李(jab@postbj.net)まで、以下の点についてお知らせいただきますよう、宜しくお願いいたします。 (1) 御氏名: (2) 会社・学校名: (3) 電話番号: (4) メールアドレス: 記 ○日 時:5月28日(土)18:00~ ○場 所:「ORO BLU」 朝陽区燕莎橋東方東路19号外交会所1F 010-8532-5955        (地図は右のウェブサイトを参照) http://www.dianping.com/shop/65993716 (地鉄の亮馬橋駅から歩いて4~5分程度) ○参加者:北京在住の社会人20名と日本人留学生40名の合計60名程度   (申込み状況によっては、適宜、人数調整をするようにいたします) -参加者については、恐縮ですが北京日本倶楽部会員の方に限定させていただきます   (未加入の方におかれては事前・当日に加入していただければ参加できます   (2016年度の会費は社会人370元、学生120元、なお、上半期のみの会費(年度途中で日本に帰国される方等)は社会人220元、留学生70元)。 ○開催形式:当日、レストランのテーブルで途中席替えをして、参加した留学生が多くの社会人と知り合い、 話ができるように進める予定です。また、休日ですので、社会人も留学生も普段着でリラックスして交流をお楽しみください。 ○その他:1)社会人は実費負担(3時間飲み放題で200元)、留学生は参加費半額補助となります。 2)当日、急遽仕事の事情等により参加が大きく遅れる場合には、篠田(139-0108-3023)までご連絡ください。以上よろしくお願いいたします。 北京日本倶楽部事務局  電話 6527-2970

キューピー工場見学のご案内

『大好評!工場見学シリーズ☆今回はキューピー工場です!』 ◎日本でおなじみのキューピー☆身近なキューピー製品の製造過程を実際に見ていただけます! ◎キューピー製品を使った料理のバリエーションが広がるかも!?もちろん、見学後には試食もあります。 ◎ニューヨーク発祥の「ジャーサラダ」をマヨネーズ瓶を使って体験、お持ち帰りできます! ◎見て、聞いて、発見いっぱい!お子さまの学びの場になりますので、親子でお気軽にご参加ください。 ◎大好評!男性の方にもご応募いただいています。 ◎お席はあとわずかですのでお早めにお申し込みください! 記 1.日程 2016年5月25日(水曜日) 2.時間 8:00 長富宮出発(途中亮馬橋付近経由) ※集合場所詳細は参加者に別途ご連絡いたします。 10:00~11:30(約90分) キューピー工場見学及び試食 12:00~12:30(約30分) ジャーサラダ体験 13:00~14:00 近くのレストランにて昼食 15:00~15:30頃 長富宮着・解散(途中亮馬橋付近経由) ※交通事情により遅れる場合がございます。ご了承ください。 3.参加費 北京日本倶楽部会員:80元/名(大人)、50元/名(子供) 非会員:180元/名(大人)、50元/名(子供) (会員、非会員共通:6歳未満無料、6歳以上12歳未満子供料金適用) ☆当日、集めさせていただきます。できるだけお釣りがいらないようにご用意いただければ大変助かります! 4.申し込み方法 ①氏名(会員の方は会員番号もお知らせください)、 ②電話番号、 ③メールアドレス(集合写真がありますので、その写真の送付先として使わせていただきます)、 ④乗車希望場所(長富宮・亮馬橋) をメールまたは電話にて北京日本倶楽部事務局までお伝えいただき、お申し込みください。 メールの場合は返信いたしますので、返信がない方はお手数ですが事務局までお問い合わせください。 申込み・お問合せ先:北京日本倶楽部 tel:6527-2970 e-mail:jab@postbj.net