ホーム 北京日本倶楽部について 2019年度会長ご挨拶

2019年度会長ご挨拶

1534

北京日本倶楽部会員皆さま

この度、2019年度北京日本倶楽部会長を務めることになりました三宅英夫と申します。今年度の副会長、各委員会の委員長、事務局長など役員の皆様と一緒に、日本倶楽部の活動を盛り上げていきたいと思いますので、どうぞご支援をよろしくお願いいたします。

北京日本倶楽部は、北京とその周辺地域で暮らす日本人の親睦と福祉の増進を図る目的で設立され、今年で30周年を迎えます。3年前には、北京日本人会から北京日本倶楽部に名称を変え、「楽しい」「ためになる」「頼りになる」日本人会であることに一層努力すると共に、日中の市民レベルの交流という観点にも力をいれてまいりました。その結果として、会員数は、昨年度末に1303名と7年ぶりに1300名を超えることが出来ました。

外地で暮らすことの醍醐味は、異文化を体験することであり、家族でお越しなっている方は家族の絆がより深まることであり、社外も含めた人間関係の輪が大きく広がることではないかと思います。私たち日本倶楽部は、そのお役に立てるように、外地で暮らす不安や不便さはサポートし、外地で暮らす楽しみにつながるようなイベント、旅行、講演などを積極的に企画してまいります。同時に、北京日本商会、在中国日本国大使館、北京日本人学校と連携を図り、持続可能な事業体制を築いて参ります。
日本倶楽部の活動の前提となるのは、多くの方に会員になっていただくこと、活動に参加していただくことかと思います。どうぞ、北京での生活を楽しむ基盤として日本倶楽部を活用していただきたいと思います。2019年度もどうぞよろしくお願いいたします。