ホーム 最新ニュース イベント予告 【イベント予告】国慶節10月1日~10月6日 青蔵鉄道で行くチベット5泊6日

【イベント予告】国慶節10月1日~10月6日 青蔵鉄道で行くチベット5泊6日

234

一昨年・昨年の国慶節に実施させていただき、おかげさまで大好評だった「北京旅行倶楽部の国慶節チベット」!
残念ながら昨年まではご参加されなかった会員の皆様、今年こそ!!今年こそ!!ぜひご参加ください!!
「青蔵鉄道で行くチベット5泊6日」コースをご案内をさせていただきます。
あの、チベットの風と空を感じながら、皆さんで旅をしましょう。
世界で一番高い場所を走る青蔵鉄道からの車窓や 祈りをささげる敬虔な人々の姿が日常的な、ラサの街の風景。
チベット族の人々が、生涯のうちに一度は必ず訪れたいと思っているポタラ宮
・・・・・・心の幸せを追い求める「素朴なチベット族の生活」が、この大地にはあります。

澄み渡る青空と、コバルトブルーの湖、天空を走る「青蔵鉄道」で 聖なる都 チベット・ラサへの旅。
皆様 ふるってご参加下さい!募集内容は以下の通りです。

今年こそはっ!! みんなでチベットに行きましょう!!

天空を駆ける青蔵鉄道で行く 

国慶節★聖なる都 チベット6日間

※チベットは自由な個人旅行が出来ない、入境許可証が必要となる地域です。
ご参加をご希望のお客様は、お早目にお申込みくださいませ。
本当に、なかなか行けない「秘境」エリアです!! ぜひぜひご参加をお待ちしております!!

ご旅行期間  2019年10月1日()~10月6日(日)
○ご旅行先  西寧 チベット自治区・拉薩
○定員  25名様  最少催行人員 20名様 ※1名様でのご参加もOKです。

10月1日  北京首都空港  午前または午後便にてご出発
北京空港出発 → 西寧空港へ
西寧空港到着(夕方~夜到着の予定)後 専用車にて西寧の市内へご案内します。
市内の観光後、夕食は西寧市内のレストランにて地元料理をご用意。
(西寧の標高が約2300mあります。初日は、少しずつ高地に慣れるために西寧に宿泊します)
西寧のホテル(泊)

10月2日
ホテルにて朝食後  西寧郊外のチベット仏教・ゲルク派寺院 タール寺を見学します。
昼食後、午後または夕方または夜には西寧駅から いよいよ!青蔵鉄道にご乗車。
世界一の高原列車で、チベット自治区・ラサを目指します。(ご乗車時間:約20時間)
※列車の空席状況によっては同じグループのお客様同士でも、同じ車両・並び席にならない場合もございます。
                   青蔵鉄道車内(泊)

103
青蔵鉄道の車内にて朝食。~車窓からの壮大な風景をお楽しみください。
ラサ駅到着後は、カターでチベット式の歓迎式の後、ラサのホテルへご案内します。
ラサは標高3,600mの高地にあるため、身体を慣らすために、
この日は静かにホテルでお過ごしいただきます。
ラサのホテル(泊)

10月4日
ホテルにて朝食後は、ラサの市内観光へ。
ダライ・ラマの宮殿・ポタラ宮や夏の離宮・ノルブリンカへご案内します。
昼食後は、セラ寺(問答修行で有名)を観光します。
ラサのホテル(泊)

10月5日
ホテルにて朝食後は、ラサ郊外のデプン寺へ
市内に戻り、ジョカン寺(大昭寺)を観光後、昼食をはさんで
世界最古の門前町と言われるパルコル(八角街)を散策・見学いたします。
ラサのホテル(泊)

10月6日
ホテルにて朝食後は、郊外の標高4441mにある「トルコ石の聖なる湖」ヤムドク湖を観光します。
観光後は昼食へご案内
昼食後、フライトの時間に合わせてラサ空港へ。
○帰り  ラサ空港 夕方または夜発→ 北京首都空港 深夜着  北京首都空港にて解散

★★チベットご旅行のご注意事項★★
チベット・ラサ地区は、標高が3,600mほどの位置にあります。青蔵鉄道は標高5000mのエリアを走ります。
最終日のヤクドク湖は、4700m近い場所にあります。
そのため、心臓や血圧に不安のあるお客様は、
必ず医師に相談の上お申込みをいただきますようお願い申し上げます。

※詳しい集合場所・集合時間につきましては 最終のご案内にてお知らせ致します。
天候や交通事情によって観光内容が変更となる場合がございます。
※航空券の事前確保はしておりませんので、お申込み順に手配をさせていただきます。

ご旅行代金
北京日本倶楽部会員の皆様 おとな1名様 ホテルを1名様1室でご利用の場合 18,400
             おとな1名様 ホテルを2名様1室でご利用の場合 16,200            

非会員のお客様      おとな1名様 ホテルを1名様1室でご利用の場合 20,400
             おとな1名様 ホテルを2名様1室でご利用の場合 18,200元        

※申し訳ございませんが、12歳未満のお子様のご参加はお断りしております。

★旅行代金に含まれるもの
北京~西寧・ラサ~北京往復の国内航空券代・青蔵鉄道の寝台乗車券代・ご宿泊代・専用車
日本語ガイド代・現地観光入場料・ご旅行中の食事代・添乗員経費が含まれております。
★旅行代金に含まれないもの
集合場所までの交通費、ご旅行中の飲み物代、
ご旅行中の個人的な支出(ホテルでのミニバーやクリーニング代等)

★現地にて入境許可証取得のため、ご参加のお客様につきましては、
お申し込み時にパスポートの顔写真ページの画像データをお送りいただく必要がございますので
ご了承ください。
お預かりしたパスポートデータにつきましては、手配終了後に速やかに破棄させていただきます。

〇旅行代金のお支払方法
正式にお申込みいただいたお客様へ、JTB北京新紀元より個々にご案内メールをお送りします。

〇ご旅行中の服装、お持ちいただくもの
歩きやすい服装、履き慣れたスニーカーなどの運動靴でご参加ください。
チベットは標高の高いエリアのため、日中はかなり日差しが強くなります。
帽子やサングラス、紫外線対策グッズをご用意ください。
またパスポートは、必ずお持ちください。

〇お申込み受付期間
お申込みをご希望の方は、電話或いはメールにて北京日本倶楽部事務局までお申し込みください。
受付は5/8(水)より開始します。お申込みの最終締め切りは、731日()です。
731日以降でも入境許可の申請の期間内で空席・空室がある限り、お申込みは可能でございます。
6月20日の時点で、一度、ご参加のお申込みをいただいたお客様には、正式のお申込みに関するご連絡をさせていただきます・国慶節という大型連休のため、お早めにご検討されることをお勧めいたします。
※定員になり次第、締め切りさせていただきます。また、航空券やホテルが満席になった場合には、
締め切り日前でも受付終了とさせていただきます

★正式のお申込み後キャンセルはご遠慮いただいておりますが、やむを得ずキャンセルされる場合にはキャンセル料が発生いたしますので、ご了承くださいませ。

●●お申込み方法●●
(1)【北京日本倶楽部にて受付】
正式にお申し込みをいただく前に、北京日本倶楽部での「受付」が必要です。
電話またはメールにて,北京日本倶楽部事務局まで参加希望のご連絡をください。
その際に、「参加者氏名(全員)」、「北京日本倶楽部会員番号」、「携帯番号(必ずご連絡ください)」、「メールアドレス」、をお知らせください。
メールで参加希望のご連絡いただいた場合は、JTB北京新紀元より必ず返信いたしますので、返信がない場合は、お手数ですが、お電話にてご連絡下さい。

受付先
北京日本倶楽部事務局
電話番号:6527-2970 (受付時間平日9:00~12:00 13:00~17:00)
e-mail  jab@postbj.net
※北京日本倶楽部へご連絡いただいた時点では、正式な申し込みではありません。

(2)【JTB新紀元国際旅行社からお客様へ、意志確認をさせていただきます。】
北京日本倶楽部事務局にて受付後、JTB新紀元の担当からお客様へ、正式にお申込みをされるかどうか、意志確認のご連絡をさせていただきますので、これに対し、メール、またはお電話にて、参加の意志を表明していただいた時点で、正式な申し込みとさせていただきます。
なお、現地にてチベットへの入境許可証取得のため、ご参加のお客様につきましては、お申し込み時にパスポートの顔写真ページの画像データをお送りください。
お預かりしたパスポートデータにつきましては、手配終了後に速やかに破棄させていただきます

(3)【取消料について】
上記②のJTB新紀元国際旅行社に参加の意志を表明して、正式にお申込みいただいたのち、お客様のご都合により参加を取り消される場合は、下記取消料が発生いたしますので、ご注意ください。

国慶節 青蔵鉄道で行くチベット6日間・旅行取消料規定
ツアー正式お申込み完了後からご出発日の30日前の17:00までに取り消される場合
旅行代金の75%
ご出発の30日前の17:01以降に取り消される場合
旅行代金の100%

(4)【ツアーの催行可否について】
ツアーが催行されるかどうかにつきましては、6月20日(木)までに、受付時にいただいたメールアドレス宛に、メールにてご連絡をさせていただきます。

(5)【ご参加いただくお客様への最終のご案内とお支払いにつきまして】
チベットは特別なエリアの為、ご参加の皆様につきましては、ご出発前に弊社にてチベット旅行に関するご旅行説明会を実施させていただきます。ご旅行説明会の日時と「最終のご案内(旅のしおり)」とお支払いにつきましての詳細は、9月6日(木)までにご参加の皆様宛に、メールにて送らせていただきます。