ホーム 安全・医療情報 安全に暮らす 【北京生活安全情報】ドライアイについて

【北京生活安全情報】ドライアイについて

54
 10月10日は、日本では「目の愛護デー」です。由来は10月10日を横にすると目の形になることからこの日に定められました。ちなみに中国の「愛眼日」は6月6日で、こちらの由来も同じ理由かもしれませんね。
 今回は目の愛護デーにちなんで、目のこと、その中でもこれから北京では空気の乾燥が激しくなりますので、特にドライアイについてお伝えしたいと思います。
【ドライアイとは?】
瞳を覆っている涙は、目の乾燥を防いだり、殺菌や異物の混入を防いでくれたりと目にとってバリアのような大切な役割を果たしています。 その涙の量が減ってしまう、また質が変わってしまうことで、目の表面が乾燥しキズができる状態をドライアイといいます。
 ドライアイは、単に目が乾燥するだけではなく、さまざまな病気の危険にさらされてしまいます。
 ドライアイかどうか、セルフチェックをしてみましょう
以下のいくつの項目にあてはまりますか?
□光をまぶしく感じやすい
□目が疲れやすい
□目に不快感がある
□目が重たい感じがする
□目が乾いた感じがする
□目がかゆい
□目に痛みがある
□目やにが出る
□理由もなく涙が出る
□ものがかすんで見える
□目がゴロゴロする
□目が赤くなりやすい
 上記の内、5つ以上の症状があるようでしたらドライアイの可能性が高いといえます。
 ドラックストアなどでは、ドライアイを改善してくれそうな市販の目薬もたくさんあり、お手軽に購入できます。
 実際に目薬をさした瞬間は瞳が潤ったように感じて気持ちがよいのですが、誤った目薬の使い方をしてしまったり、使い続けていくことで副作用が出てしまったりする場合もあります。
 自己判断でドライアイを放置したり、誤った目薬の使い方をしたりしないためにも、ドライアイの可能性がある場合は、専門科である眼科医に一度診察をしてもらいましょう。
【ドライアイの検査と治療】
眼科医院では、どのような検査・治療を行うのでしょうか?一例をご紹介します。
○問診・・・症状や生活環境・習慣及び既往歴・薬の使用など
○検査
視力検査(目の疾患を探る)
細隙灯顕微鏡による検査(目の傷の有無・程度などをチェック)
BUT検査(涙の質を調べる。目を開いてから目の表面の涙の膜が破壊されるまでの時間を測定する)
シルマー検査(涙の量を調べる。目盛りのついた試験紙を下まぶたの端に5分間挿入し、試験紙が涙で濡れた長さを測定する)
○薬の処方・治療
ドライアイの治療薬(従来は水分を補給し、傷ついた角膜を修復する目薬が処方されていたが、最近では涙の各成分に働きかける目薬が開発されています。これにより患者さんの涙のタイプに応じて、正常に機能していない涙の層をターゲットとした涙の層別治療が可能となっています。)
涙店プラグによる治療(涙点をシリコンや合成樹脂製の涙点プラグで閉じることにより涙の流出を抑えて、涙を目の表明に十分にためる方法です。)
上記は一例ですので、詳しくは専門家である眼科医の診察を受診をおすすめします。
【ドライアイとコンタクトレンズ】
コンタクトレンズを使用している方で、目の乾燥感を感じている方は非常に多いと思います。ドライアイになる原因の一つとしてコンタクトレンズの装用が挙げられます。そこで次にコンタクトレンズとドライアイの関係及びその対処方法をご紹介いたします。
○なぜコンタクトレンズを装用すると乾燥するの?
目は涙液によって乾くことを防いでいます。涙は油層と水層、ムチン層の3層構造により構成されています。 コンタクトはそのバランスを崩してしまうことから乾燥を招くと言われています。
○コンタクトを装用していて乾燥したときの対処法
目薬をさして目を潤す(コンタクト対応のものや防腐剤が入っていないものを選びましょう。コンタクト用の目薬は、油層、水層、ムチン層の3層構造によって構成された涙に近い成分入っているため、3層構造のバランスの手助けをしてくれるうえに、刺激が少なく、乾燥の改善を手助けしてくれます。)
コンタクトレンズ装着液を使う(装着液は保湿成分であるヒアルロン酸Na配合のうるおい成分がレンズと瞳の間でクッションとなり、装用時の違和感・ゴロゴロ感を抑え乾燥を防ぎます。)
○乾燥感がある方におすすめのコンタクトレンズは?
コンタクトレンズをお使いの方にとっては、コンタクトレンズは乾燥感はあっても必需品だと思います。そんな方はコンタクトレンズを変えることで乾燥感が軽減されることがあります。
 例えば、特に乾燥感が出やすいソフトコンタクトレンズには「含水率」という数値があり、これはコンタクトレンズがどれだけの水分を含んでいるかの割合を表しています。 含水率が50%以上のものが高含水率、50%以下のものが低含水率とされています。
 高含水率のコンタクトレンズは水分が多く着け心地がとてもよいです。しかしその反面、一度乾いたレンズがもとの潤いを取り戻すために多くの涙を吸ってしまうので乾きやすいと言われています。 そのためドライアイの方にはあまり向いていないコンタクトレンズです。
 反対に低含水率のコンタクトレンズやハードレンズは着け心地は劣るものの、乾燥に強いため、ドライアイの方におすすめのコンタクトレンズと言えます。
着け心地の悪さは装着液の使用や慣れることなどでカバーできるので高含水率のソフトコンタクトレンズを使用している方は一度試してみてはいかがでしょうか。
○おすすめレンズのご紹介
①〔1dayタイプ〕 デイリーズトータルワン 含水率33% (シリコン製のため酸素透過性が高く目にかかる負担が少ないレンズです。また、レンズ中心部の低含水部分を高含水素材でコーティングすることにより付け心地がよいレンズです。)
②〔2weekタイプ〕 アキュビューオアシス 含水率38% (シリコン製のため酸素透過係数が高く、また保湿成分がレンズに閉じ込められています。)
その他、各メーカーから高性能なレンズが発売されておりますので、コンタクトレンズ専門店や眼鏡などにお問い合せください
―記事作成―
浦越 健
创奥隐形眼镜店(株式会社中央コンタクトの北京支店)
住所:北京市朝阳区东三环中路7号 财富购物中心一层1-29号(地鉄10号線 金台夕照駅A出口から徒歩2分)
電話:010-6530-9103
特徴:日本人が常駐しているコンタクトレンズ専門店です。日本と同様に詳しい検査を行っております。また、毎月第3木曜日には三甲病院の眼科副主任の眼科専門による目の相談会(参加無料)を行っております。予約も受け付けておりますので、上記番号までお電話ください。