ホーム 最新ニュース その他ご案内 【北京生活安全情報・社会貢献活動】 NPO法人AMDAから寄贈のマスクを配布しました

【北京生活安全情報・社会貢献活動】 NPO法人AMDAから寄贈のマスクを配布しました

505
 北京日本倶楽部は、保健医療支援を柱とする国際人道支援活動を行う特定非営利活動法人AMDA(アムダ)から北京等に在留する邦人の支援としてマスク(医療用)をいただきました。
 当倶楽部としては、寄贈主の意向も踏まえ、いただいた16000枚を北京の医療機関、日本人学校、天津日本人会に提供すると共に、応募いただいたマスクが不足している北京日本倶楽部会員にも配布いたしました。
特に、中日友好医院(院長秘書室兼国際交流合作弁公室・孟華川日本プロジェクト主管)及び北京日本人学校(栗本和明校長)に対しては、2月29日、三宅英夫会長から直接贈呈をいたしました。

 

 配布先の詳細は、以下のとおりです。
AMDA様、ありがとうございました!
北京日本倶楽部会員 3200枚
北京日本人学校   1800枚
天津日本人会    3000枚
医療機関      8000枚
――――――――――――――
計      16000枚

 

<北京日本倶楽部会員及び子女>
個人会員51、家族会員25、準会員6、会員子女46
合計 128人×25枚=3200枚
<医療機関内訳>
中日友好医院    4000枚
ユナイテッドファミリー病院 500枚
北京新世紀クリニック 500枚
東文中医クリニック 500枚
フラワークリニック  500枚
ラッフルズクリニック 500枚
龍頭クリニック 500枚
IMCクリニック 500枚
VISTAクリニック 500枚

 

以上
2020年2月29日
事務局、生活環境委員会、新型コロナウイルス対策チーム
200229-2nichu
中日友好医院(院長秘書室兼国際交流合作弁公室・孟華川日本プロジェクト主管・左)

 

200229-3niga北京日本人学校(栗本和明校長・右)
200229-4raラッフルズクリニック(森下京子Dr.・左) @北京日本倶楽部事務局
200229-5ka1 200229-6ka2
北京日本倶楽部会員の皆様 @北京日本倶楽部事務局